b型肝炎はどんな感染経路で感染するのでしょうか

医師6

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が感染することにより肝臓に炎症を起こして発病する病気です。全世界で、約3億5,000万人がB型肝炎ウイルス感染しているとされています。そのうち日本では、約130万人から150万人、つまり100人に1人が感染していると言われています。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状が出にくいので、自覚症状がなくても医療機関を受診して、肝臓の様子を診てもらうことが大切です。

B型肝炎は肝硬変や肝がんに進行することがあります

B型肝炎は急性B型肝炎と慢性B型肝炎に分けられます。成人が初めてB型肝炎ウイルス(HBV)に感染すると、たいていの場合急性B型肝炎になります。急性B型肝炎になると、嘔吐、倦怠感、黄疸などの症状が起こります。

悪化すると死に至ることもあります。一方、慢性肝炎の多くは幼児のときに母親から感染する母子感染により、持続感染となった人です。幼児のときにB型肝炎ウイルスに感染した人の約20%は数十年かかって慢性肝炎になり、肝硬変、さらには肝がんへと移行します。

たとえ肝炎になっていても特に自覚症状の出ない人が多いため、慢性肝炎や肝硬変になったことに気づくのが遅くなります。ですから、B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかの検査を受け、感染していたら早めに医療機関を受診しましょう。

b型肝炎とは?検査や治療法について

B型肝炎ウイルスの感染経路は?どのようにして人から人へ感染するのでしょう?

B型肝炎ウイルス(HBV)は、ほとんどの場合、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液が自分の体のなかに入ることによって感染します。感染経路としては、B型肝炎ウイルス感染者とコンドームで予防せずに性交渉をしたとき、医療従事者などの針刺し事故、B型肝炎ウイルスに感染している母親が感染に気付かず出産したとき、B型肝炎ウイルス感染者が使った注射針などの使いまわし、消毒をしていない器具でピアスの穴をあけたり入れ墨を入れたりしたとき、B型肝炎ウイルス感染者の血液がついた歯ブラシやカミソリの共用、覚せい剤や麻薬等の回し打ちなどがあります。

B型肝炎ウイルスは性行為で感染するのでしょうか?

1970年代まで、日本では予防接種で注射針を使いまわしにすること、献血の血液にB型肝炎ウイルスが含まれていること、医療従事者の針刺し事故などがあり、B型肝炎ウイルスが感染しやすい土壌がありました。しかし、社会的な衛生環境がよくなるとともに、B型肝炎ウイルスの院内感染予防対策が普及した現在では、医療での感染はほとんど起こらなくなり、輸血で感染することもほとんどなくなりました。

また、さまざまな経路での水平感染も減少しました。さらに1986年からは、全国規模で出生時のB型肝炎ウイルスの母子感染予防対策をとるようになり、1986年以降に生まれた世代の人たちには、B型肝炎ウイルスの感染はほとんどなくなっています。

しかし、性行為によるB型肝炎ウイルスの感染が増え続けていることが問題です。

この感染増加は、エイズの感染増加の推移と大変に似ています。つまり、性行為のときにコンドームによる予防を行っていないため、B型肝炎ウイルスやエイズウイルス(HIV)に感染しやすくなるのです。さらに、ほかの性感染症にもかかりやすくなります。

性行為によるB型肝炎ウイルスの感染は自分で防げるものですから、性行為の際は必ずコンドームを使用することを徹底しましょう。

B型肝炎ウイルスは出産で子どもに感染するのでしょうか?

現在、日本のHBV感染者は110万~140万人いるとされています。しかし、多くは母子感染防止策がとられる以前の母子感染によるものです。母親が「HBe抗原陽性」という、ウイルス量が多いB型肝炎ウイルスに感染していると、ほとんどのケースで赤ちゃんに感染します。

陣痛が起きたときから赤ちゃんに感染することがわかっているため、出産後12時間以内に、赤ちゃんに感染防止策をとらなければなりません。具体的には、生後12時間以内に「B型肝炎免疫グロブリン」を注射するとともに、B型肝炎ワクチンも投与します。

なお、B型肝炎ウイルスに感染していない母親から生まれた赤ちゃんについても、2016年からワクチン接種が始まっており、新たな母子感染はほとんど起きなくなっています。もし赤ちゃんにB型肝炎ウイルスが感染したらどうなるのでしょうか。

感染した赤ちゃんは無症候性キャリアとなります。無症候性キャリアとは、肝炎の症状がない感染者ということです。しかし、免疫機能が十分に働く思春期から30歳前後になったとき、体がウイルスを排除しようとする防御反応が起こり、肝炎の症状が現れるようになります。

そして感染者の約10%が 慢性肝炎になり、1~2%が肝硬変や肝がんになると言われています。

b型肝炎ワクチンの必要性を考えよう

家庭内でB型肝炎ウイルスは感染するのでしょうか?

つぎのようなことに注意していれば、家庭内でB型肝炎ウイルスに感染することはほとんどありません。・血液や分泌物が付着したものは、流水でよく洗い流す。または、しっかり包んで捨てる。・トイレの後は流水で手を洗う。

・カミソリ、歯ブラシなどは他人に貸し借りしない。・乳幼児に口移しで食べ物を与えない。・女性のB型肝炎ウイルス持続感染者は、月経中は浴槽に入らない。

医療行為でB型肝炎ウイルスは感染するのでしょうか?

日本では、医療行為においてB型肝炎ウイルスに感染することはほとんどないと言われています。しかし、医療機関のなかでも特に歯科医師の感染が増えつつあることがわかりました。B型肝炎ウイルスは唾液にも含まれていること、歯科治療において出血しやすいことなどから、歯科医師に感染する機会が増えているのです。

2016年度から、0歳児はB型肝炎ウイルスのワクチンを接種することが決められましたが、それ以外の人は任意接種であるため、新たな感染者が生まれる危険性もあります。

したがって医療従事者、特に歯科医師はB型肝炎ウイルスのワクチンを接種したほうがよいでしょう。

b型肝炎の治療はライフスタイルに合わせて選択しよう

集団生活においてB型肝炎ウイルスは感染するのでしょうか?

学校や介護施設、保育所などの集団生活の場では、B型肝炎ウイルス感染はめったに起こりません。実際に、ある介護福祉施設の入所者703人のなかに、18 人のB型肝炎ウイルス持続感染者がいたことがあります。その施設を4年間、調査したところ、新たにB型肝炎ウイルスに感染した人はまったくいませんでした。

ですから、清潔を保つ習慣を守っていれば、集団生活のなかでB型肝炎ウイルスが他人に感染することはほとんどないことがわかります。B型肝炎ウイルス感染者であるからと言って、集団の施設内で差別をしたり、公共機関の利用を断ったりといった行為は不適切と言えます。